読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいとまにっき

お休み中の雑記

授乳中の学習法について考える

授乳する期間というのはだいたい1年くらいなので、人生約80年の中で考えると、子どもの人数を掛けてもたかだか数年の短い期間です。しかし、その期間中は下手すると一日中授乳してるんじゃないかというくらい、長時間を費やしています。そんな中、達成欲や学習欲のあるお母さんだと思うように勉強ができずストレスがたまるのではないでしょうか。授乳中の学習法について、こんなのが良かったよというもの中心に書いていきたいと思います。

スマホアプリ

一番の味方はスマホ。特に活躍したのは簿記の勉強をしていた時。仕訳問題はアプリで勉強しました。子どもの抱き方によっては利き手でない手で操作しなくてはならないので、選択問題のみのタッチ操作しやすいアプリがオススメです。また、音声プレーヤーでスピードを変えたりできるアプリもあります。

Kindle

バックライトがあるため(一部モデルを除く)、参考書、テキストなどをダウンロードすれば夜の授乳時でも読めます。特に洋書や英文を読むときなんかは長押しで辞書も引けるため便利。

書き込み式テキスト

今のアルクの教材がそうなのですが、A5までのサイズで、かつ子どもが上手に飲めるようになってくれば、多少、書き込み式のテキストも使えるようになってきます。読むだけよりも頭に入るので、使えるならあり。

訂正ノート

授乳以外の時間にA6~A5サイズのノートに問題を解き、間違えた問題はその問題文と答えを写しておくと、授乳時に読んだとき効果的な訂正ノートになります。問題の長さや内容、解説によってはコピーした方が良いかも。

おわりに

勉強に限らず育児中は思うようにいかないことが多いですよね。でも、やりたいことすべてをあきらめる必要はないのかなと。できることはあるので、その範囲で楽しんで勉強したり育児したりするのがいいんじゃないかなと思います。

子どもに「はじめてのはさみ」を渡したら

子ども用の安全はさみと一緒に、くもんの「はじめてのはさみ」を渡したら、見事にはまってました。

はじめてのはさみ (こうさく 1)

はじめてのはさみ (こうさく 1)

「チョキチョキする」と言って際限なくやろうとするので、他の「もじ」「すうじ」シリーズと一緒に数枚ずつ渡しているこの頃です。続きは「かみこうさく」になるので、折ったり糊付けしたりが増えてくるようです。

TOEIC受験予定

次のTOEIC受験をどうしたものかと考えています。

今のペースだと、アルクの教材をやり終えるのが8月4日。8月はTOEICの試験がないので、早くて9月10日。でも予定があるので次……となると10月22日になってしまうんですよね。

アルクの700点コースは週5日勉強する設定になっているので、これを週7日に変更してみると……7月11日に終わる! ということで次回は7月23日に受験するつもりです。

インターネット申込受付期間
2017年5月12日(金) 10:00 ~ 2017年6月13日(火) 15:00 締切

もうすぐ受付が始まるので、忘れないようにしないと。

口腔洗浄器ドルツを使ってみる

これを買いました。

初めて使ってみた感想:

血まみれ。

ノーマル/ソフトとモードが選べるので、ソフトモードでやってみたのですが……。継続して使って、健康な歯と歯ぐきを手に入れたいと思います(涙)。

ブログを毎日書くということ

このブログは4月9日から毎日書いていたのですが、昨日5月8日は書かなかったため、継続日数が1ヶ月を目前に途切れてしまいました。ブログ飯を読んだ翌日だというのに……。

雑記だとしてもテーマがばらばらなので、ある程度数がたまってから整理したりミニサイトを作ったりしようと考えています。まずはアウトプット、文章の練習ということで毎日書くことを目指します。ブログは元々Weblogなので、こんな記事読んだよという内容でも良いはず。もっと気楽な気持ちで書いていきたいと思います。

感想:ブログ飯 個性を収入に変える生き方

下記のブログエントリーで「ブログ飯」という本がタダで読めると知り、最終日ギリギリに読んできました。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

タイトルから勝手に、浅い考えの大学生や20代前半の若者が書いたものを想像してたのですが、全く違っていました。12年間勤め人として働き、妻子を持つ男性。普通、そんな生き方を奥様は許さないよなぁと思いましたが、本の最後に奥様から見たコラムがあって興味深かったです。

私のブログは収入を得るためのものではありませんが、参考になる部分も多かったので、できるところから改善していきたいと思います。

感想:「灘→東大理III」3兄弟の母が教える中学受験勉強法

感想:「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方 - おいとまにっき を書いてからだいぶ間があいてしまいましたが、

こちらの「中学受験勉強法」部分を読み終えました。「秀才の育て方」部分と重複する部分も多いですが、中学受験までにフォーカスされており、個人的にはこちらの方が参考になりました。

「秀才の育て方」のように大学受験の18歳まで子どもの勉強をここまでマネジメントしなくてはならないのかと考えると気が重くなりますが、中学受験までなら親もできることやるべきことはたくさんあり(変な言い方になりますが)マザコン感は薄いです。まあ、とりあえず公文と植物図鑑とまんが日本/世界の歴史は買おうと思いました。