おいとまにっき

お休み中の雑記

Googleスプレッドシートで友人の子一覧を作る

先日の Googleスプレッドシートで親戚の子一覧を作る に引き続き、今度は名前や生年月日はあやふやだけどざっくり把握しておきたい、友人の子一覧を作成します。同僚の子なんかもぜひ。ポニョの歌を歌ってたと思ったらあっという間に大きくなってたりしますもんね。

最終イメージ

f:id:foo23:20170425150836j:plain

※あくまでイメージなので、上記の名前や学年は適当です。

作り方

覚えなきゃと思ったらその対象の子の人数分、行を追加し、以下の内容を埋めます。学年については、一人を数式で指定したら、二人目以降は一人目のコピペでOKです。

親と子の基本情報を記入

親、第何子、性別、名前の情報を記入します。親(の名前)は自分(読む人)が分かる表現であれば良いです。子どもの名前は分かる場合のみ記載、で良いと思います。同僚の場合なんかは兄弟構成のみ話題に出ることの方が多いですしね。

生まれた年度を確認、記入

現時点の学年が分かる場合は、生まれた年度を確認して記入するひと手間を加えます。直接学年欄に記入すると、毎年更新しなくてはならないので。

一人目の場合は、シートを追加し、「 Googleスプレッドシートで学年一覧を作る 」の要領で学年一覧を作ります。この追加シート名は「学年」に変更しておきます。

この「学年」シートを確認して、対象の子の学年行にある「生まれた年度」を、元のシートの「生まれた年度」へ、記入なりコピペなりします。

学年を導出

「学年」列には以下の数式を指定します。
=VLOOKUP(D2,'学年'!B$2:E$21,4,TRUE)
この数式は2行目の場合なので3行目以降で指定する場合は、1つめの引数D2を「D+行番号」に変更してください。また、この数式を指定またはコピペした際、念のため、結果が現在の学年と合っていることを確認してください。VLOOKUPの4つめの引数は、未就園児(複数学年)も対象にしているため、TRUEにしてます。

学年が分からない(生まれた年度が分からない)場合は、空欄でも構いません。一律で数式をコピペすると、上記イメージのように、生まれた年度が空欄の行ではN/Aエラーとなります。「ストレートで大学4年」より上の学年の場合も、N/Aエラーとなります。

おわりに

これで、何度も
「お子さん何人でしたっけ?」
「おいくつですか?」
とか聞かなくて済むはずです!

広告を非表示にする